【PR】『 egret 』特集!女性目線から設計・開発!働く女子のためのKawaiiマウスブランド第2弾は『 SweatiE シリーズ 』

マウス

前回紹介させて頂いた記事

こちらにて『 egret マウス 』誕生のきっかけ等をお話させていただきました。

egretマウスは全シリーズ基本性能は変わらず好きなデザインで選べる

第1弾で『 HappiE シリーズ 』を紹介させていただきましたが、実を言うと基本性能はLEDとワイヤレス時の同時接続数以外の項目が全部同じなのです。

なので、性能表等を気にしながら選ぶ必要がなく純粋に「これが好き!」というデザインが見つかったらそれを選べばいいというシンプルなラインナップにもなっています。

とはいっても『 SweatiE シリーズ 』も可愛いデザインで魅力的なのでおさらいも兼ねて機能・性能・オススメポイントを紹介します♪

今回、egretさんに鳥海かうさんとうちのさんに提供していただきました。

『 egret SweatiEシリーズ 』カラーは全部で3種類

ストロベリーラテ・ラベンダーラテ・ミルクラテの3種類。

パステルカラー風でとても可愛いですね♪

オフィスワークでもしっかり使えるポイント

クリックも静か・・・!静音ボタン採用でオフィスにも優しい♪

EGRETのワイヤレスマウスはすべて静音ボタンを使用していて、気になるクリック音が少なくオフィスで働いている方にも優しい設計になっています♪

クリック音によって集中力が低下してしまう方
場所や時間を選ばずに作業したい方には周りの配慮までできておすすめです。

静音設計になっていても、クリックした感覚はしっかりありますので、操作時の違和感はほとんどなく、誤作動や必要以上に押してしまう心配もありません。お好きな速さでマウスを動かせます。

マウスカーソルの感度を1ボタンで変更できる!DPI変更ボタン搭載♪

DPIの設定が3段階でできるのでお好きな速さでマウスを動かせます。

例えば1000DPIとは、マウスを1インチ(約2.5㎝)動かせばマウスポインターがモニター上で1000ドット分移動する意味です。

1000、1600、2400と3段階のDPI調整が可能で、マウス正面にあるしずくの形をしたボタンをクリックすれば変更できます。

充電にはUSB-TypeC対応!最大60日間動作OKなバッテリーも搭載!

egret SweatiEはワイヤレスマウス。もちろん充電が必要なのですが、Macbookシリーズ、iPhone15シリーズやiPad、Androidスマートフォンと同じUSB-TypeC端子で充電を行います!

マウスの充電には未だにマイクロUSBが使用されている場合も多いのですが egret HappiE はその心配は必要ありません♪

必要なときにはお使いのスマートフォンのモバイルバッテリーやケーブルを使ってパソコンからでも充電が可能なので取り回しもらくらくです♪

ワイヤレス接続では合計2デバイスで切り替えOK!マウス1つでパソコン・タブレット・スマートフォンまで操作できちゃいます♪

ご注意頂きたいのがegretマウスの他の『HappiEシリーズ』『PrettiEシリーズ』の切り替え可能なチャンネルが3チャンネルとはことなり『SweatiEシリーズ』は切り替えチャンネルが2チャンネルとなっています。

付属のレシーバーで1台のパソコン・Bluetoothで1台のパソコン・タブレット・スマートフォン等のいずれかのガジェットに対応しているのでデスク上にはegret SweatiEが1つあれば他のガジェットを持っていても操作できちゃいます✨

マウス本体の裏にあるスイッチでデバイスを選ぶだけなので、だれでも簡単♪

違うデバイスでも同じマウスを使えて便利ですよね♪

付属品だってかわいい💕充電ケーブル・ワイヤレスレシーバーのデザインだってこだわってます♪

プレゼントにもぴったり?!パッケージのデザインまで可愛い!

アクセサリーショップにも並んでいまいそうなくらい可愛いデザインのパッケージ✨

パッケージも可愛くデザインしているのでオフィスワーカーな女子のプレゼントにもピッタリ!

そのまま飾ってしまえそうなくらい可愛いですよね!


まとめ

いかがでしたか?

「働く女子の新トレンド」を元に開発された 『 egret SweatiEシリーズ 』

創業者の思いが形になって便利なマウスとしての機能・性能をしっかり保ちつつ本体ももちろん、パッケージまで可愛く設計されていてとっても良い感じになっています♪

プレゼントのシーンやオフィスワークの備品の買い替えのタイミング等あるかと思いますので、パソコンデスクのお供として egret SweatiEシリーズを是非お選びいただければと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました